wi-fi接続 Wimax イーモバイル 月額 激安

モバイル通信はどこがいいのか

モバイル通信のWi-Fi接続

スマホやタブレットは持ち歩きに便利ですが、外で通信するときは、通信契約しないと使えません。

 

最近では、固定の通信をもたずにWi-Fi接続にする人が多いのです。それは、引越しには工事費がいらなくなるということです。固定の光ファイバーなど使うと、引越しするたびに工事費がかかります。引越しが多い人では、この金額、馬鹿になりません。

 

一人なら出かけるときは持ち歩くというも出来ますが、たとえば、家族も家でインターネットをしたい場合など、自分が出かけるときに、持ち歩いてしまっては、家族はインターネットを使えなくなります。

 

そこで、2台持つというも主流で、家用のWi-Fi接続を置き、持ち歩く用にも契約するというのもあります。たいがいは、2台契約すると、2台目の契約料は安くなります

 

モバイル通信のWi-Fi接続の種類

Wi-Fi接続を考えるとき以下のような種類があります。

 

スマホのテザリング

スマホのテザリングをWi-Fi接続に使う

利点としては、スマホのテザリングを使用すると、それだけでWi-Fiルーターのように使用できること。ただし、すべてのスマホで出来るわけではなく、スマホの機種に依存します。

 

テザリングを使うと数台のパソコンやインターネットを使用したゲーム機も使用できます。回線自体は携帯回線なので、利用できる範囲が広いし、最近では携帯会社によってLTEなど使っている場合が多いですね。

 

ただし、テザリングを使用すると、スマホの電池の消費量が激しいのです。スマホを電話としても使っている場合、テザリングをしていると、出先などでは、電池の残量も気になるところです。

 

イーモバイルLTEでWi-Fi接続

イーモバイルLTEをWiFi接続に使う

イーモバイルのWi-Fi接続はルータを介してモバイル通信ができること。特にLTEのメリットとしては、次世代ではLTEが本流になるのではないかと言われており、どんどん速度が速くなっていて、ストレスなく通信ができます

 

また、スマホのテザリングと違って、本体単独で稼動するため、電池が消耗して電話が受けられなくなることはありません。

 

デメリットとしては、常時接続を考えた場合、1日もしくは一ヶ月のパケット量(使用量)、制限を超えてしまうと、極端に速度が遅くなります。だいたいパケット量など、接続している時間でもないし、表示しているWebサイトが画像が多いとパケット量がかかることになり、これがあるため、LTEに乗り換えるのを躊躇してしまいます。

 

WiMaxでWi-Fi接続

WiMaxは、イーモバイルと同じで単体のルーターが利用できること。そして、なんといっても利点は、データ転送量の制限がないこと。そこで、使ってみました。

 

家にある光回線を比較すると、もちろん、遅い。出かけるためと割り切るしかないかもしれない。それと、以外に通信できるエリアが狭いということでした。もちろん、主要都市では使えるし、Wi-Fiスポットもあるので、出かける先が主要都市だけならいいですが、旅行好きにとっては田舎に行くこともあるので、これまた躊躇してしまいます。

 

UQ WiMax au

ただ、WiMaxには、WiMax auというサービスがあり、これは、WiMaxが繋がらないところでは、auの携帯回線を使い、WiMaxが繋がるところではWiMaxを使うように自動的に切り返してくれるサービス。

 

auは携帯会社なので、当然、繋がる範囲は広い。よほど山の中まで入らない限り、繋がらないということはないと思います。ただ、このauエリアを契約すると、WiMaxの契約料のほかに、月々500円くらい加算になるし、WiMax直接契約なら1年縛りなのに、2年縛りになってしまうこと。対応エリアの広さをとりたい人にとってはメリットがあると思います。


激安のWi-Fi接続

それでは、どうやってWi-Fi接続を決めようかと思ったとき、とりあえず安いところと契約してみようと思いました。

 

一般的にWi-Fi接続は、月額3,800円くらいのところがほとんどです。しかし、WiMaxが2999円、LTEが2999円というのもあります。どうせためしなら安いほうがいいです。

 

縛りの期間

しかし、それぞれに、縛りの期間があります。縛りとは、その期間は解約できない、やむを得ず解約するときは「解除料をいただきます」というもの。その縛りの期間はたいがい2年です。

 

使ってみて、「だめだこりゃ」と思っても、2年は解約できないわけです。(解約料支払えば別ですが)

 

単発でWi-Fi接続をレンタル

単発で借りるという手もあります。一ヶ月や二ヶ月という期間ですが、もちろん、レンタル料は2年縛りより高くなりますが、たとえば、LTEを一ヶ月借りてみて、常時接続して、どのくらい遅くなるかというを試してみるのもいい方法です。

 

この遅い、早いは人によって違うので、ぜひ、借りてみるといいと思います。

詳しくはこちら